Skip to content

インパクトを与えるように提供する

本ワークショップは、対面式のトレーニングセッションがどのように構築されていて、どのようにインパクトを与えるやり方で提供すべきかを探索し、理解することを目的としています。講義と参加型セッションの違い、トレーナーがどのように学習の過程についての方向性を示すかをを明らかにします。これは非常にインタラクティブな内容で、参加者は、独自のトレーニングセッションを練習し、実施した後、フィードバックを受けます。

良いトレーナーとなるために必要とされるのは業界知識だけではありません。生命保険ファシリテータースキルワークショップが、今日の市場で成功するための不可欠なスキルに焦点をあてているのはそのためです。コース参加者は、次の3つのトピックに関するベストプラクティスを学び、適用します。

  • インストラクター主導型の研修の基本的な原則
  • 集団を相手に研修するスキル
  • 実施プラクティス

本コースの参加者は、次の内容が可能になります。

  • 異なる学習スタイルと学習者と様々な方法で関わる理由を理解
  • 研修のプランニングにPESOSプロセスを利用
  • 研修の効果を評価
  • 成功裡なインストラクター主導型研修を実施するための7つの主要な行動を理解し、そのモデルを適用する方法を練習
  • 職場に活動一式を持ち帰って実施し、ワークショップで学んだことを適用し、コーチングのワークショップを準備
  • 受講者のグループとスキルの演習やの練習を実施
  • 独自のトレーニングセッションを行い、学習者活動を実施
  • トレーナーが使用する主要なコミュニケーションスキルとメッセージが受講者にどう受け止められるかを例示
  • 習熟曲線を理解し、様々な状況にふさわしい研修スタイルを特定
  • ファシリテータースキルモデルを利用してフィードバックを受けたり、与えたりする

生命保険ファシリテータースキルワークショップ、Coaching Skills Workshop(コーチングスキルワークショップ)、そしてMaster Trainer Workshop(マスタートレーナーワークショップ)の全3レベルの育成コースを修了した参加者は、LIMRA Master Trainer(LIMRA マスタートレーナー)認定を受ける資格があります。